お鍋で炊くごはんはおいしいよ!

我が家には、 炊飯器がありません。ごはんを炊くのは、鍋にて行っています。 

鍋でお米を炊くようになったのは、炊飯器が故障した時に、代わりに鍋でお米を炊いたのですが、非常においしいと感じたからでした。それ以来、15年程かな?

 

最近の炊飯器は、火加減の制御が繊細で、熱伝導が良い釜の材料を使うなど非常に機能が向上し、魅力的ではありますが、価格も上昇していてなかなか手が出ません。その点、鍋一つなので、そんなに費用はかかりません。

鍋で炊くということは、忙しい人たちにとっては、時間の取られる行為で、敬遠されますが、年に何回かは、お鍋でごはんを炊いてみてはいかがでしょうか?そうそう、子供の時のキャンプで飯盒炊飯しましたよね。あの感覚で。

 

4月、地震に遭い、停電している時でも、カセットコンロと鍋でごはんを炊くことができ、鍋で炊けるありがたみを感じました。

炊き方は以下の通りです。

   普通にお米を研いだ後、お米を厚手の鍋に入れます。

   そして、米1合に付き200ccの水を入れます。我が家は大体、一回に4合炊くので、   800ccの水を入れます。

   その後、鍋にふたを付けて、まずは中火で炊き、水が沸騰するのを待ちます。10分前後でしょうか。沸騰したら鍋のふたが踊りだします。

   水が沸騰したら、火を弱火にして約13分待ち、そのあと、火を止めます。この時、ふたを取らずに閉めたままにしますが、爪楊枝を差し込んで、少し湯気が逃げるようにします。爪楊枝がないと、ふたが開かなくなってしまいます。

   爪楊枝を差し込み10分ぐらい放置して蒸らします。この作業をやることによって、鍋の底のごはんをきれいに分離することができます。

非常に簡単です。 

炊きあがった直後は、ごはんが艶々で立っているこんな時、よくやるのは卵かけごはんです。醤油のみの味付けで何もいりません

img_20161101_182901 

本当においしいですよ! 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

更新の励みになります。押していただけると嬉しいです。
ブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする