トイレの中に侵入してきたものは・・・

外出先から帰ると、妻が『大変、2階のトイレにハチがいっぱいいる』と言うではありませんか。恐る恐る、トイレの扉を開けてみると、大きさ2cm程度のハチがざっと5匹程、トイレの中を飛び回っている状態でした。

どこから入ったのだろう?と、トイレの中を見渡すと、ちょうどトイレの換気扇からハチが侵入してきていた。一旦、トイレのドアを閉め、外の換気口を見ると、ハチが換気口に止まっており、数匹が飛び回っている状態であった。巣作り中?

img_20161106_143018

怖くてピントが合っていない(笑)

img_20161106_142847

 実は、予兆があった。前日の夜に妻がトイレに入った際、スリッパを履くと足の親指に激痛が走り、スリッパの中からハチが出てきたということがあった。その時は、ハチに刺されたことの手当の方が先で、ハチがなぜ、スリッパの中にいたのかの原因追及ができていなかった

 

早速、駆除スプレーにて退治を行ったが、7匹のハチが侵入して来ていた。図鑑で調べてみると、キアシナガバチという蜂で、自分も小学校5年の時に刺されたことがある蜂であった。当時は、洗濯物として干してある靴下を取り込んで、履いた直後に、足の親指を刺され、激痛が走ったことが思い出される。

img_20161107_064032写真:小学館の図鑑 NEO 昆虫より引用 

2回目をさされるとアレルギーがでる人もいるので危険だった。でも、なんでハチがトイレの換気口から入ってきたのだろう?調べたところ、スイッチを入れても換気扇が回っていなかったことがわかった

 

換気扇周りを良く調べてみると、積年のほこりが溜まっていた為、これを取り除いたら、良く回るようになった。蜂の巣そのものは見当たらなかった。当分は来ないであろう。

もし、用を足している最中に、こんな集団に襲われたら、ボッコボコに刺されるだろうなー。考えるだけでぞっとする😱

 

教訓としては、換気扇の動作確認と定期的な清掃が必要であることがわかった。

 最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

更新の励みになります。押していただけると嬉しいです。
ブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。