3DSは水濡れ、Wiiはディスク読み取り不良、WiiUは断線と ゲーム機の修理にはお金がかかる

3DS、Wii、WiiUと任天堂のゲーム機を保有していますが、ここ2ヶ月間でゲーム機に関する修理が3件発生しました。

ゲーム機の維持にもお金がかかります。(;´д`)トホホ

簡単に事例を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

3DSが水に濡れてしまった

息子が突然の雨にうたれて、傘をもっていなかった為、びしょ濡れになって帰ってきました。背負っていたリックサックの中にも水が溜まり、リュックの中に入れていた3DSが水没しているという悲劇が・・・・発生

息子に聞くと、電源を切らずに、ゲーム途中でリュックにしまっているので、電源がしっかり入った状態で雨水に濡れた模様。

約1週間後、しっかり乾燥させたので、わずかな希望を胸に電源ボタンを押してみた。シーン・・・何も反応がなかった。( ̄□ ̄;)!!

あきらめて、任天堂のサービスセンターに3DSを送り、調べてもらった。
水濡れの影響でいくつかの部品が壊れており、部品代と技術料を合わせて9,500円であった。本体価格の約半分もの修理代がかかるという結果になった。(;´д`)トホホ

修理をあきらめ中古を探そうと思ったが、息子にとっては思い入れのある物なので、結局修理をした。

Wiiディスク読み取り不良

運がない時は続くもので・・・

翌日、Wiiでゲームディスクを入れるが、読み取りができない現象が発生。
何度、入れ直してみても読み込めない、レンズが汚れているのかなと思い、クリーナーで清掃したが、全くダメであった。

結局、3DSと一緒に任天堂のサービスセンターに送り調べてもらったところ、ディスク読み込み部品が故障しているとのことであった。部品代と技術料を合わせ5,880円であった。結局、修理を行った。(;´д`)トホホ

WiiUのゲームパッド充電できない

WiiUのゲームパッドが突然、充電できない現象が発生。
充電器ケーブルを触ると、充電できる時もあるので、注意深くケーブルを調べると、ゲームパッドに接続する根元付近で、ケーブルが断線していることがわかった。

これは、ゲーム機本体ではなく、原因が判明していたので、替えのケーブルを購入することで対処することになったが、ゲームパッド用にコンセントを用意するのは大変なので、本体から電源を取れるタイプに変更した。


WiiU本体(裏側)の電源コード差し込み口に差し込むだけで簡単でした。!

参考までに⇒WiiU Game Pad用充電ケーブル『USBもACもいりま線U』

まとめ

ゲーム機本体の故障は突然やってきます。修理代も結構、高額でビックリでした。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

更新の励みになります。押していただけると嬉しいです。
ブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。