大切な記録が再生できない、miniDV対応のビデオカメラが故障!

 子供のイベント時にビデオカメラで撮影されている方は多いですね。自分も子供のイベント時はいつもビデオ撮影に出動です。 !(^^)! 

 

 最近のビデオカメラは内部メモリやハードディスクに記録するタイプが主流で、記録するためのテープは必要ありません。しかし、イベント後は、カメラ内の記録をハードハードディスクレコーダやパソコン、DVD、ブルーレイに移し替える作業をされていると思います。上の子の時は、まだminiDVテープタイプのビデオカメラが主流でしたので、成長の記録はminiDVテープとして残していました

 

 どんなメディア(記録媒体)も保存状態が悪いと、劣化して最悪、再生できなくなります。特に湿気や光、熱に弱いので、我が家では大切な記録はタッパーの中に乾燥剤と一緒に入れ、冷暗な場所に保管しています。

 

 そして、時間を見つけては、miniDVからDVDに記録し直していたのですが、その作業途中にカメラのテープ挿入部分が壊れてしまい、録画・再生が全くできないという問題が発生してしまいました。せめてDVD化が完了するまでは動いてほしかったのですが・・・ガーン!!

1480337121828

 購入から10年以上経過していたので修理をあきらめ、『安い中古のビデオカメラを探そう!ということで動き出しましたが・・・・

 

 オークションを探したが、そもそも、miniDV方式のカメラが少なくなりつつあるので想定よりも価格が高く断念。

 中古ショップも探すが、地方都市ではなかなか出現しないし、出現してもちょっと高額で、手が出ない。結局、中古の購入を断念し、1年もの時間を浪費してしまった。

 

 ならば、ダビングを行う専業メーカに依頼も考えたが、プライベートの内容なのでちょっと気が引けるといことでこれも断念。

 

 発想を転換し、では“レンタル”はということで調べると、ビデオカメラを地方発送し貸出してくれるレンタル館があった。価格を調べると中古を買った場合の約1/3の価格で目標が達成できることがわかった為、早速利用させてもらった。

 地方都市にはこのような品揃え豊富な専門機器のレンタル会社がなかったので助かった。価格が折り合えば、購入予定のカメラ等の使用感を確認するために利用してみるのも面白いと思う。 

 どんなメディアも保存状態が悪いと劣化していきます。数年後、子供の小さかった時の映像を見ようとした時に『あれ?映らない (:゚д゚:)とならないよう、大切な記録は、新しい再生方式のメディアに記録し直していくことをお勧めします。

興味のある方はこちら⇒レンタル館

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

更新の励みになります。押していただけると嬉しいです。
ブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。