熊本市と長崎県島原市を結ぶフェリーでは、カモメウオッチングがおすすめです

 早速ですが、さてこの画像の中にカモメさんは何羽いるでしょうか?正解は最後の方で・・。

img_20161211_092425

 フェリー乗船時に、カモメ達を撮った1シーンになります。1mもない至近距離でカモメ達を見ることができ、カモメ達の迫力に感動します。

 

 

スポンサーリンク

 どんなところで見られるの?

  熊本県の熊本市と長崎県の島原市を結び、有明海を航行するフェリーがあります。2つの会社があり、熊本フェリーと九州商船になります。熊本フェリーは30分、九州商船は60分の航行になりますが、その大部分をカモメさんたちが追いかけてきてくれます。

 ws000000

  最近では、このカモメさんの出現も有名になったため、カモメさんにあげるお菓子(かっぱえびせん等)を購入してくる人たちもいます。フェリー船内の売店でも、かっぱえびせんが売られていますが、ほとんどの方がカモメさんにあげるのが目当てのようです。

 

 出港間際からカモメは甲板上に人の姿を見つけると、すぐフェリーの横を飛んできます。1羽、2羽と増えていき最後は多数の集団になります。この大多数の集団で船を追いかけてくれます。 

 フェリーの後方から近づき、フェリーの側舷を飛び、お客さんがいればアピールです。つぶらな瞳で見つめてきます。お客さんの反応が悪く何もくれなければ反転し、また後方ら近づいてのアピールです。うまくアピールが成功するとお客さんからおやつが与えられます。

 

 ぱっと手から投げてください。上手い子は、空中で捕まえます。下手な子は海上に落ちたお菓子を拾ってまた近づいてきます。中には、ベテランの子もいて、手に持ったお菓子を近づいてとっていく子もいます。写真は、かっぱえびせんを“ロックオン”したカモメさん

img_20161211_092113

 すごい体力を使って、頑張ってくれますが、スナック菓子では、わりに合わないだろうと思うのは自分だけかな?今度乗船時はきびなごをプレゼントしたいと思う。 

 カモメさん達の必死な姿を見ると、ここでも頑張っている子がいるのだ!また、明日からもがんばろう!という気持ちがわいてきた。o(^o^)o

  

まとめ

  船に乗っている時間が、足らないくらい面白い時間を過ごすことができます。子供たちは大喜びです。乗船の際は、是非、お勧めします。熊本と長崎両県を訪れる際は、行程の一部に組み込まれてはいかがでしょうか。

 先日乗船したときの様子をYoutubeに動画としてUPしております。興味がある方はどうぞ。詳しくはコチラ⇒https://youtu.be/p-a21S6YgTI

 さて、正解は12羽になります。

1481465592956

 最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

更新の励みになります。押していただけると嬉しいです。
ブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。