保険選びで失敗しないためにすべきこと

 保険は家と車と同様に高い買い物ですよね。家を買うとき、車を買うときは、長い時間考えていたけど、保険の場合は、案外パッと決めていたりしませんか?

 自分がそうだったのですよ。ちゃんと検討しなかったので・・・自分の保険選びは、失敗だったと思っています。

スポンサーリンク

失敗事例

 2つの保険で失敗をしています、失敗の定義は人により違うと思いますが、一つ目は、自分の生命保険の金額が途中から大きく上がり、家計を圧迫してしまうという失敗でした。以前、このブログでも書いています。

生命保険を見直し、家計を節約!
入社直後、会社の食堂に来ていた保険の外交員につかまり、『同期のみんなも加入したよ』と言われるがまま大手保険会社のパッケージ保険に加入し20年...

ポジティブなタイトルをつけていますが、最初の保険契約自体が失敗なのです。

  2つ目は、学資保険の返戻率が低すぎた失敗です。払い込んだ保険料と大差ない額が戻ってくると思っていたが・・・、大きく下回っていることを最近知った事例です。

加入している学資保険の返戻率を知ってショックです
 収入が増えない中、子どもたちは成長しているので、お金が湯水のごとく流失していきます。支出を減らすためいろいろな見直しを行っていますが、全く...

 この2つの保険に対して費やした時間とお金は大きく、戻ってきません。学資保険に関してはまだ、進行中で解決方法が見つかっていません。

なぜ失敗したのか

 そもそも、保険会社によりそんなに保障内容は差がないだろうという思い込みと、外交員さんに勧められるプランの契約で、いろんな会社の商品を比較検討もしなかった。

 そして注意事項やプランの詳細についても確認しなかった。毎月の金額と払い込む期間によっては、車以上の高額な商品になるものであるにもかかわらず、全く勉強しなかったことが原因になります。

どうすればよかった?

 自分自身でも保険の内容についてしっかり調べ、細かいところまで把握する。できれば複数社を比較して、自分のライフスタイルにあった商品を選び出した方が良いです。その上で契約すべきです。決して、外交員さんまかせにしない。本当に反省です。後悔です。

 

まとめ

 保険の仕組みが複雑であるのは仕方のない事なので、家を買う、車を買うときと同じようにじっくりと考え、少しでも安心と納得が得られるよう、そして、自分が損をしたと思わないような商品を選ぶようにしましょう。

   自分自身で、やりきる自信がないならば、【ほけんのFP】みたいな会社に相談して、一緒に考えてもらった方が良いと思います。保険で失敗した人からの提言でした。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

更新の励みになります。押していただけると嬉しいです。
ブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。