お金が貯まらない財布

財布を見ると、その人のお金に対するスタンスが見えるそうだ。

自分の財布の特徴はざっと以下の通り。

・長財布である。

・2年ほど前にドンキホーテで購入したノーブランドで価格は2,000円

・外側は破れており両面テープで補修している。またファスナーも壊れている。

・中身の方はメモ用紙、おみくじ、名刺、などなどお金とは関係ないものが入っている。

img_20161016_223444

亀田潤一郎氏の著書稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?に従うと、自分の財布では、お金が貯まらないとのことだ

以下、著書より引用

お金持ちは、お金を擬人化し自分のパートナーとしてお札に伸び伸びと気持ちよく、居心地を良くしてもらうために、長財布を使う。お金のホテルが財布である。お財布の値段×200倍=持ち主の年収で、年収1000万の人ならば5万円前後のお財布を使っているとのことだ。

自分の財布は、長財布であることは一応〇であるが、お財布の値段が安い。

お財布の値段✖200倍に年収が該当しなくても、お財布は自分の『稼ぐ力』に対するセルフイメージを反映しているので、お財布の値段✖200倍の方向に進む。

要約すると、

・お財布の値段✖200倍 > 現在の年収 の人はこれからもっと稼げる方向に進んでいく。

・お財布の値段✖200倍 < 現在の年収 の人は これからおちていく方向に進んでいく。 自分はこちらに該当する。😱

単純に計算すると、2,000円の財布✖200倍=40万/年収、月収換算で33,333円。

もうちょっと、あるんだけど・・、😡現実的には、そんな高い財布は買えないんだけど・・・と愚痴がでるが、この発想そのものがいけないのかな?

外観の破れや破損は、お金の扱いがぞんざいであることの表れさらに、中身にお金とは関係ないものが入っていたことは、持ち主が生存の不安を抱えていることの表れ、不安な人、自信のない人のところにはお金が集まらない。

バッサリ斬り捨てられた。

そーだったのか『お金が貯まらないのは、財布が原因だったのかと財布を原因にして納得。

早速、新品の財布を購入することにした。

興味がある方はどうぞ ⇒稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

更新の励みになります。押していただけると嬉しいです。
ブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする