ミニうさぎとオカメインコもいるんですよ。飼育環境を紹介

我が家には、 “成長しミニウサギでなくなった感のミニうさぎ(笑い)” と“オカメインコ”がいます。 

飼育している環境としては、和室にタンスを設置するための奥まったスペースがあるので、ここにイレクターパイプでキャスター付きの台を自作し、1階にミニうさぎ、2階にオカメインコのケージを置いています。

img_20161030_140234

  こんな感じです。 

 そのスペースの対面にはエアコンを設置していますので、夏場はエアコンにて温度管理をしました。直接、エアコンの風が当たらないようにレースのカーテンを設置しています。 

これから冬に向かいます。気温が低下すると弱ってしまうので、このスペースを防寒仕様に変更です。といっても大したことではなく、農業用のビニールシートを購入しレースのカーテンの代わりに変更し、このスペースをミニ温室のようにする予定です。

この中にペット用ヒータを設置し温度を保持し、それでもダメなら部屋全体をエアコンで暖める作戦です。

ミニうさぎくんですが、すでにミニうさぎ感は無くなっている気がします。来た当初は私が自作した箱に住んでいたのですが、成長が早く市販のケージに引っ越しました。 

このケージでは、居心地がいいのか横に伸びきって寝ています。教えていないのに、ケージに入れた直後から三角コーナで用を足しています。不思議です。

我が家ではこのケージを使用しています。⇒ SANKO 三晃商会 イージーホームエボ80 白

下にキャスターがついているので、子供でもケージの移動が簡単です

 img_20161030_140308

 次に、オカメインコですが、インコという名前がついていますが、オウム科に属する小型のオウムです。大きさとしてはインコよりちょっと大きい。

img_20160929_143807

非常に人懐っこい性格で、7ヶ月前にペットショップからきた我が家の人気ものです。ペットショップではケージから頭を出して人に撫でられている子もおりました。

 

我が家でもケージから出すと、人の頭や肩にのってきます。でも、ルールがあって必ずその中で一番背が高い人のところにのります。不思議です。  

朝は機嫌が良く、良く鳴きますまた、人が通ると良く鳴いて“こっちに来てよ”と言っている感じです。 

いくつか言葉を覚えました。朝一番に会いにいくと『こたろう 俺最強 ピッピピー・・・(ミッキーマウスのテーマで)、口笛で燃えろドラゴンズ~』と歌ってくれます。 

上手く動画が撮れたらYouTubeにUPしたいと思います。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

更新の励みになります。押していただけると嬉しいです。
ブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする