カセットテープが復活の兆しだそうだ

カセットテープが復活の兆しだそうだ、老舗のテープメーカでは復刻版を出すとのこと。

我が家でも、このカセットテープを使う長い付き合いの家電がいる。

ラジカセ。正式にラジオカセットテープレコーダー。

cimg0551

メーカーはSANYO、2デッキ仕様、タイマー機能付き、マイク録音機能付きで、当時であればそこそこの機能であった。

もうこの装置にある機能はスマホで代用できる。技術の進歩とはすごいですね。

積極的には使っていないが、時々、電源を入れ動作を確かめている。一応、現役。

いろいろな家電が寿命になったが、壊れないで頑張っている。

もう、30年もまえの物になるかな?

初めて親元を離れて下宿したときに買ったもの、下宿にはテレビがなく、テレビを買うまでは、このラジカセが唯一の情報源であった。

よく、このラジカセから流れてくる音楽を良く聞いていた。

当時は、まだCDが出始めのころで、今では当たり前のCD-RやDVDなどに記録する技術は無かったと思う。

音楽番組全盛の時代であったため、好きな音楽の入手は、音質の良いFM番組を受信し録音するという形で得ていた。

いつ、FMの番組でどのような曲が流れるかを記載した雑誌もあった。

確かFM STATIONという雑誌だったと思う。この雑誌を購入し、番組をテープで予約録音していた。

番組を聞いている時に録音する時は、曲がいつ流れ始めてもいいようカセットテープを入れ、録音ボタンと一時停止ボタンを ”同時押し” しておいて、スタンバイ。

曲が始まったら一時停止ボタンを外し録音をしていた。曲紹介が曲にかぶってしまうとガッカリであった。

曲が終了したときはSTOPボタンを押し録音を終了するが、早く押しすぎないよう、CMが入らないタイミングで止めるよう、指先に全神経を集中。

2デッキ仕様は、一方で再生し、もう一方で録音することができる為、良く音楽テープの編集・作成をしていた。

洋楽バラード特集、洋楽ディスコヒット曲特集など、自分の好きなジャンルを集め、作成したカセットテープを友達と貸し借りをしていた。

息子にカセットテープを知っているかと聞いたが、何それ?と返事が返ってきた。

いまカセットというと3DS等のゲームをいうのかな?

あまり店頭では見かけなくなったが、ネット通販では販売してあった。

まだ、需要があるのですね。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

更新の励みになります。押していただけると嬉しいです。
ブログ村ブログパーツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする